やさしい にぽん
多言語への翻訳に適した日本語で書かれています。

複数のアルバイトを掛け持ちする学生の確定申告

学生のなかには、同時に複数のアルバイトをしている人もいます。いわゆる「掛け持ち(Kakemochi)」です。このページでは、彼ら/彼女らの確定申告について説明します。

アルバイト先での税金の扱い

アルバイトの所得税に関する重要な情報は、収入と所得控除源泉徴収額です。アルバイト先がひとつであれば、会社がこれらの情報を簡単にまとめることができます。会社が情報をまとめるために行うのが年末調整です。

しかし、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合、これらの情報を会社側で集約することはできません。そのため、あなたが確定申告をし、情報をまとめる必要があるのです。

  • 年末調整:会社を通じて所得控除を申請します。納税や還付がある場合の手続きは会社が行います。
  • 確定申告:自分で所得額、所得控除額、源泉徴収額などをまとめ、税額を計算します。納税や還付がある場合の手続きも自分で行います。

確定申告で税金が戻ってくる?

複数のアルバイトを掛け持ちする学生の場合、確定申告をすると税金が還付されることがよくあります。

税金が戻ってくるケース

所得税額よりも源泉徴収額のほうが多いときです。以下の場合などが該当します。

アルバイトの合計年収が130万円以下で、アルバイト先が源泉徴収しているケース。

学生で、合計年収が130万円以下の場合、所得税はかかりません。源泉徴収によって前払いした税金は、確定申告をすることですべて還付されます。

アルバイトの合計年収が130万円超で、すべてのアルバイト先が、源泉徴収をしているケース。

所得税額よりも源泉徴収額のほうが多い可能性があります。確定申告をすることで超過分が還付されます。

勤労学生控除

学生で、アルバイトの合計年収が130万円以下の場合は、勤労学生控除を利用できます。控除額は27万円です。勤労学生控除を利用することで、所得税がゼロになります。なぜなら、控除額の合計130万円(給与所得控除55万円+基礎控除48万円+勤労学生控除27万円)が所得を上回り、課税所得がゼロになるためです。勤労学生控除は合計年収が130万円を超えると受けられません。

税金を払うケース

アルバイトの合計年収が130万円超で、アルバイト先が源泉徴収していないケース。

学生で、合計年収が130万円超の場合、所得税がかかります。源泉徴収していないということは、まだ税金を納めていないということです。確定申告で所得税額を計算し、納税してください。

確定申告の必要がないケース

アルバイトの合計年収が103万円以下で、すべてのアルバイト先が、源泉徴収をしていないケースです。所得税額はゼロ、源泉徴収によって前払いした税金もゼロなので、確定申告は必要ありません。

確定申告の基本

確定申告の基本的な事項を確認しましょう。「確定申告」のページでも詳しい説明があります。

期日

  • 税務署への提出:2月16日から3月15日
  • 対象期間:前年の1月1日から12月31日までの1年間

流れ

  1. 必要な書類の準備
  2. 確定申告書の作成
  3. 確定申告書の提出
  4. 還付または納税

年末にアルバイト先の会社が発行する「給与所得の源泉徴収票」は大切な書類です。無くさないように注意しましょう。

申告書の作り方

作り方はいくつかありますが、国税庁が公開している「確定申告書作成コーナー」を利用することをお勧めします。書類作成の方法や、入力の順番、数字を入れる場所の案内があります。手順に沿って書類を作成できる仕組みです。オンラインで作成した書類をプリントアウトすれば完成です。


名詞・固有名詞…このページの主要な話題になっている名詞・固有名詞

名詞・固有名詞…このページの主要な話題でない名詞・固有名詞

鈴木玲(ファイナンシャルプランナー)