やさしい にぽん
多言語への翻訳に適した日本語で書かれています。

手取りが10月に減ったら、まず確認すること

銀行に振り込まれる給与が、10月になって突然減ることがあります。びっくりするかもしれませんが、これにははっきりとした理由があります。

手取りを減らした犯人は?

銀行に振り込まれるお金は、給与から社会保険料や税金を差し引いたものです。いわゆる手取りです。毎年10月は、一部の社会保険料(健康保険・介護保険・厚生年金保険。以下、社会保険料はこの3つの保険の保険料を指します。)の見直しが反映される時期です。10月に手取りが減っているとしたら、保険料の見直しによってその負担が増えていることが考えられます。

社会保険料の決まり方

社会保険料の見直しはふたつの要素があります。ひとつは社会保険料の保険料率や保険負担割合が変わった時、もうひとつは労働者の標準報酬月額が変わった時です。10月の手取りに影響を与えるのは、労働者の標準報酬月額の変更のほうです。

標準報酬月額

社会保険料は、労働者が得る報酬によって決まります。個々の報酬は適当な範囲で分割され、代表値に置き換えられます。この代表値のことを標準報酬月額と呼びます。標準報酬月額は4月から6月までの報酬月額をもとに年に1度見直されます。一度決めたら、原則1年間は変わりません。新しい標準報酬月額は9月の報酬分から1年間、毎月の社会保険料を計算するときに使われます。その影響を最初に受けるのが、10月に受け取る給与からになるのです。

具体的な標準報酬月額を確認してみましょう。月の報酬が20万円台前後の場合の標準報酬月額です。

報酬月額 標準報酬月額
195,000円から210,000円未満 200,000円
210,000円から230,000円未満 220,000円
230,000円から250,000円未満 240,000円
250,000円から270,000円未満 260,000円
270,000円から290,000円未満 280,000円
290,000円から310,000円未満 300,000円

協会けんぽ2020年4月分から東京都の場合

優秀な働き手は手取りが減る?

標準報酬月額は4月から6月までの報酬月額をもとに決まります。1年前、この報酬月額が225,000円だった人が、今年は235,000円に引き上げられていたとします。上の表を見てください。1年前の標準報酬月額は220,000円です。それが今年は240,000円に変わります。このように、報酬が増えると標準報酬月額は更新され、それに応じて社会保険料の負担も大きくなります。では、なぜ10月に手取りが減るのか。時系列で確認しましょう。

まず、報酬がある時点で増加します。すぐに社会保険料は変わりませんので、あなたの手取りは増えます。しばらくは楽しい時間が過ごせるでしょう。しかし、10月に受け取る給与からは新しい標準報酬月額をもとに社会保険料が計算されます。標準報酬月額のランクが上がると、社会保険料も増え、その結果、手取りは9月に受け取ったものよりも減ります。

報酬が増加していなければ、社会保険料が増えることもありません。手取りも同じままです。報酬が増えた優秀な労働者だけが、10月に手取りが減るのです。

昇給前後の社会保険料の比較

昇給前 昇給後
標準報酬月額 220,000円 240,000円
健康保険料 10,857円 11,844円
介護保険料 1,969円 2,148円
厚生年金保険料 20,130円 21,960円
社会保険料合計 32,956円 35,952円

協会けんぽ2020年4月分から東京都の場合。保険料は自己負担分。

4月・5月・6月は働きすぎに注意

報酬には基本給のほか残業代などの手当ても含まれます。そのため、基本給は同じでも、残業代などで全体の給与があがっていると、標準報酬月額が変わる可能性があります。

また、4月・5月・6月の残業代がほかの月よりも多くなってしまうと、1年間はそれを基準に社会保険料を支払うことになります。4月・5月・6月は働きすぎに注意しましょう。


名詞・固有名詞…このページの主要な話題になっている名詞・固有名詞

名詞・固有名詞…このページの主要な話題でない名詞・固有名詞

鈴木玲(ファイナンシャルプランナー)

手取りの関連記事を見る