やさしい にぽん
多言語への翻訳に適した日本語で書かれています。

高額療養費の手続きの仕方

高額療養費の手続きにはふたつの方法があります。

どちらの方法も、健康保険国民健康保険では手続きの仕方が異なります。また、各健康保険組合、各市区町村で方法に違いがあるため、ここでは代表的な例を紹介します。

払い過ぎた自己負担額を返金してもらう方法

健康保険組合の場合

被保険者の申請が必要な健康保険組合と、手続きを一切必要としない健康保険組合があります。各健康保険組合に確認してください。返金は約3ヶ月後に銀行口座へ振り込まれます。

国民健康保険の場合

返金の対象になる人には、市区町村から手続きに必要な書類が送られてきます。必要事項を記入して、役所へ提出してください。必要書類を送付しない市区町村では、あなたが自分で役所から書類を取り寄せなければなりません。手続きの仕方と返金に要する期間は各市区町村に確認してください。

自己負担をせずに医療行為(診察や投薬)を受ける方法

この方法を利用するときは、治療の前に病院や薬局に 限度額適用認定書を提出してください。この認定書の提出すれば、病院の窓口でお金を払う必要がありません。自己負担額が高額になることが予想される場合は、各健康保険組合または各市区町村へ 限度額適用認定書の申請をしてください。

高額療養費の関連記事を見る


名詞・固有名詞…このページの主要な話題になっている名詞・固有名詞

固有名詞…このページの主要な話題でない名詞・固有名詞

鈴木玲(ファイナンシャルプランナー)